FC2ブログ
Peter Rabbit by K-Ballet
P1010063.jpg

行ってきました~ K-BalletのPeter Rabbit & 放蕩息子。

先日のライモンダはどの場面も華やかでキラキラで、うっとりだったのですが、その余韻も覚めやらぬ中、今度は一気にメルヘンの世界へ連れて行かれてしまいました

放蕩息子40分、Peter Rabbit70分の上演時間だったのですが、どちらもあっという間に過ぎてしまいました。

私が鑑賞した日のプログラムでは、「放蕩息子」の息子役を熊川さんが演じていて、私は(実は)初めて熊川さんがちゃんと踊っているのを見ました。最近怪我のニュースが多かったのでどうかと思っていたのですが、今回は大丈夫だったみたいですね。

そして本命(?)のPeter Rabbitは、とーってもとーってもかわいくて、最近仕事が忙しすぎて疲れきっていた私の心を超全力で揉み解してくれました 

着ぐるみって表情が表せないので、その分もボディのアクションで表さなければならないじゃないですか。そのオーバーアクションが、またかわいくて。

ねずみの話、アヒルの話、ハリネズミの話、ブタの話、リスの話が出てくるのですが、私が特に気に入ったのはブタの話とリスの話。

ブタの話では、ブタの被り物のサイズが結構大きめなので、ペアで踊る時にちょっと大変そうなところが面白かったですね。恋に落ちた2匹のブタがロマンチックな踊りを踊るのですが、頭がぶつかって被っているものが取れるんじゃないかと心配になりました。また、ブタさんは男性もポワントで踊っていて、思わずオペラグラスで足元をチェックしてしまいました。

リスの話は、りすのちょこちょこ感がよく表されていて、リス好きの心をぐぐっとわしづかみにされてしまいました。着ぐるみのふわふわ感もよくできていて、か~わい~っていう言葉が無意識に漏れてしまう感じでした

やはり作品的にと思われますが、子供さんを連れたお客さんが多く、私も子供の頃にこんな作品見れてたら幸せだったろうな~、とうらやましく思ったり。

今回はあまりの大満足っぷりに、普段は買わない(ことにしている)プログラムのお買い上げ。
行ってよかった
スポンサーサイト



二の腕の件
最近鏡を見て気が付いたのですが、二の腕のタルタル感が減った気がするのです

これってちゃんと腕のポジションを実践できてるってこと ウフ なんて思っていたのですが、最近のレッスンでおやと思うことが…。

バーレッスンでバーを握り締める私…

これで腕が締まってきたんだったらやだな…汗あせ
明日はライモンダ
次はてっきりK-BalletのPeter Rabbitを観に行くものと思い込んでいたのですが、カレンダーを見たらその前に、新国立劇場でのライモンダが入っていました。

決して忘れていたわけではないのですが…チケットを購入してから時間が経っていたものですから…。いや~危なかった 大事な予定はちゃんとカレンダーに書かないとですね。

ライモンダ、初めて見ます

あらすじは↓(新国立劇場WEBより)

ベルギー王の家臣として十字軍の遠征に出ているジャン・ド・ブリエンヌと密かに婚約の約束をしているライモンダは、再会を夢にみるほど彼の帰還を待ちわびている。サラセンの王アブデラクマンも、美しいライモンダを憎からず思っている。叔母である伯爵夫人の館で開かれた宴に招待されたアブデラクマンは宝石や数々のめずらしい踊りで彼女の気を引こうとするが、そこにジャン・ド・ブリエンヌが登場して、彼女をめぐり決闘となる。

だそうです。

では行ってきま~す
ドゥラメール ホワイトニングローション
ドゥラメール

ドゥラメールのホワイトニングローション使い始めました

結構しっかりとした緑色がついていて、初めはドッキリしました。
匂いは、これが何と!お線香っぽい匂い!!

嫌いな匂いではないんですけど、化粧品からお線香の香がするってことにまだ私の脳が馴染めずにいるみたいです…。

付け心地はベトベトせず適度なしっとり感でです。
最近のおニュー
s0205l.jpg

おニューって、軽く死語ですかね ま、いっか。

最近のバレエ関係での出来事、その1は新しいバレエスリッパを下ろしました
Blochのall leather、full soleのスリッパです。
今回からスプリットソールにしようか悩んだんですが、何となくもう1足だけ同じものを使ってみようと思い、この型を継続することにしました。

レザーのスリッパってほんと持ちがいいと思うんですよ。親指の爪部分がこすれてくるにはくるんですが、いっこうに破れる気配が無くて。破れないからまあいいのかなと思って散々使い続けていたのですが、雑誌クロワゼのシューズ特集で、「皮のシューズは伸びてしまったら換え時」みたいなことが書いてあって。そういえば時々自分で逆の足のかかとを踏んでしまうことがあって、これはのびてしまった証拠かな、と。
新しいのを履いてみたら確かにぴったりしていて、古いのがどれ位伸びてたんだか考えるだけで恐ろしいです。

あと、ソールの皮もテカテカ・ツルツルになってしまっていたので、もうご苦労様してもバチは当たらないはずです


出来事その2は、ひっさし振りにチャコットで新しいレオタードを購入しました

今は、
①ミルバ大阪店に通販オーダーしたレオタードの発送待ち中、
②バレリーナのセール中、
③19日からはシルビアもセール、
という状態なのですが、ふと軽い気持ちで立ち寄ったチャコットで気になるレオタードを見つけてしまい結局購入してしまいました (セールでもなんでもないのに…)

ちょっとお高めな理由から足が遠のいてたチャコットですが、やはり物はしっかりしていていいんですよね しかも今回買ったキャミレオには、パッドを入れる部分が作られていて、インナーにファンデを着なくても大丈夫なんです。(見て回ったキャミ・タンク系のレオには殆どこのパッドポケットが付いていた気がします)

いつもシンプル1番のレオばかり買っていましたが、今回は素材違いで切り返しのあるデザインのものを買ってみました。うーん、なんだか私っぽくないかも



乗れなかった…
P1010018.jpg

せっかく入会したJal Global Clubを満喫しようではないか、と旦那が雪国ツアーを計画。
しかし冬の雪国は案外人気なのか、結局空席がなくて陸路での移動になってしまいました。

すごく時間はかかったけど、私は列車の旅も好きなので楽しかったです。
また行きたいな~
一大決心!
いよいよ今年はバレエの発表会に挑戦することになりました!
人生初めての、バレエ発表会です

先日初めての発表会練習会があったのですが、全てが初めての体験で、終わったときにはヘトヘトになっていました。

まずは大先生の振りを見て、次は大先生の振りを見ながら真似して、その後は一緒に踊るメンバーと踊ってみる。全然分かってません、私… 大丈夫なのか

私がこうなることを予想してか、サブの先生が一緒に私の振りを覚えてくれた上、その後マンツーでコーチングしていただきました。いやーそれにしてもサブ先生、振りを覚えるのがさすがに早い!ありがたやです

そのあと2時間ほど殆どマンツーのレッスンが続き、最終的には自分の体力が限界を迎え、その日の練習会を上がらせてもらいました。アフターストレッチをしながら、持参したメモ帳に振りを書いて自分への備忘録を作成。あまりの疲労にペンを持つ手がブルブル震え、後で読み返すとまるで暗号のようでした
どれがよいのだろう
以前は、長い間クラランスのホワイトニングのローションを愛用していたのですが、1年前くらいにバージョンチェンジして、あまり好みではない質感に変わってしまったんです それまではさっぱり系だったのに、変更後は良くいえば超しっとり、正直に言えばややベタベタ…。

そんなわけでここのところローション難民となっています。
が、丁度いいタイミングで旦那さんが今週出張に出かけるので、免税店で買ってきてもらおうと計画を練っています。

マイルのことも考えてJALのDuty-Freeで買える物で、やはり路線としてはホワイトニング。
これが条件です。

ネットカタログを見ながら考えた結果、
第一候補は

ドゥラメール

ドゥラメールのホワイトニングローション。200mlで8600円也。
ドゥラメールは私自身は使ったことがないのですが、仲のよい友人が看板商品のクリームを愛用していて、お泊りに行くと使わせてもらっていました。肌元気印の私には、そのクリームはちょい濃すぎるかなーと思った記憶があります。でもホワイトニングのラインは全く未知のゾーン。興味のみで試してみようかな、と。

第二候補は

エスティー

エスティローダーのサイバーホワイトEX ブライトニング ローション
200mlで4800円也。
こちらも使ったことはない未知の製品ですが、説明のところに「さらっとしたつけ心地」と書いてあったので、私の求めるさっぱり目に近いのかもということで興味を持ちました。


今回はドゥラメールがあればそれを、無ければエスティローダーを買ってきてもらおうと思います。
肌に合うといいのですが