FC2ブログ
ひとりたび人間か否か
昨日の「ひとりたび1年生」を読み終えて、自分がひとりたび人間か否かを考えてみた。

たかぎさんは一人旅を始める前、自分は一人旅には向いていないと考えてらっしゃったようだ。それは彼女の「さびしがり」や「方向音痴」(他にもいくつか挙げられてらした)に起因しているようだった。

私は方向感覚は抜群なのだが、さびしがり度は相当高い。なのでできれば旅行は誰かと一緒に行きたい。しかし一緒にいて気を使ってしまうような相手だと疲れてしまうので、気心の知れた友人、もしくは家族が最適な旅行パートナーだと思う。

旦那と出会ってからはもっぱら彼と旅行することが多い。重い荷物も暗い夜道も安心だし、なんと言ってもカップルという単位は都合がいい。欧米ではロマンチックなレストランなどは同姓と行くと場違いに感じられる場合があるし、同姓だけでドレスアップしていると娼婦と勘違いされる場合もある。

話をひとりたびに戻すと、私はそんなわけなのでひとりたび人間ではないよね、と旦那に聞いてみた。すると旦那から「あんたはすでに十分ひとり旅してるから、いまさらひとり旅人間ではないとはいえないと思う」という返事が返ってきた。

なぬ。

それで急遽ひとり旅録を振り返ってみると、確かにいろいろひとりたびをしていたことが判明した。1泊以上で行ったひとり旅を挙げてみると
・香港
・ソウル
・ハワイ(オアフ)
・函館
・久米島(沖縄)
・ニューヨーク
・シンガポール

などがある。この他に日帰りひとり旅というのもある。

確かに色々行っている。
が、この中で久米島以外は2度目以降の訪問がひとり旅だった。つまり既に誰かと行ったことがある所に一人旅に行っているのである。

私はやはりひとり旅人間なのだろうか。だんだん判定が難しくなってきたのでもう少し考えようと思う。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可