FC2ブログ
気が付きたまえ、そのトーンに
人は自分の伝えたいことが相手に伝わらないと遅かれ早かれ苛立つものです。
キャッチボールにならないキャッチボールを続け、苛立ちは態度にも現れます。
しかしこれは自然なことだと思います。

問題人間乙は違います。
問題人間乙は、キャッチボールのはじめから、そう第一球目から、態度が普通ではありません。

乙は、第一声を発する前から眉間にしわがよっています。
乙は、第一声目から声のトーンを低く、棘だらけの物の言い方で、だるそうに人に話しかけてきます。

乙は男性には珍しく、自分より偉い人には高めの声で話します。
それに引き換え、自分が優位にいると思われるときには上のような問題ある態度で話します。その態度は、キャッチボールにならないキャッチボールを相当時間行なった人物に現れるそれと同じです。
しかし乙は、この態度がキャッチボール前から現れます。

色々考えるに、やはり乙は普通ではないと思います。
かといって周りが乙の奇行を我慢する必要もないと思います。
もう40過ぎのおっさんではありますが、今からでもしつけが必要です!

ああ、でもそんなことに自分のエネルギー使いたくないかも…


スポンサーサイト



テーマ:職場でのできごと
ジャンル:就職・お仕事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可