FC2ブログ
海草好き
これまで、グアム、伊豆(初島、富戸、川奈)、セブと潜ってみましたが、それぞれの海が結構違うことに驚きました。当たり前といえば当たり前なのですが、その海を構成するもの、そに生息する生物、植物、全てが一緒ということは無いんですよね。

一番潜りやすかったのはグアム。
あっという間に沈むし、水温が高いので苦痛が少ないですね。

逆に一番潜りにくかったのはセブ。
塩が濃すぎて、グアムの倍くらいのウェイトをつけても全然沈まない。幸いガイドロープがあるのでそれにしがみついて、むりやり下りていく感じでした。
それに殆どがドリフトだったので、流されすぎないようにするのが大変でした。
水温は30℃位あって暖かいのは快適でしたが、棘の長いウニが刺さった苦い思い出があるのでどうかな…。

次の潜りで30本目になりますが、ここまでで自己分析してみると、私は海草やイソギンチャク、珊瑚などが生息している場所が好きだと思います。

確かにグアムの透明度にはダイナミックさを感じますが、植物が無く、イソギンチャクも少ないガラーンとした海に寂しさを感じます。イメージで言うと、白いグレーという感じです。

それにひきかえ、伊豆の海は豊かですよね。わかめ(昆布?)がゆらゆらして、イソギンチャクも沢山いて、そしてそれらに動物が集まる。すばらしい世界です。

グアムに比べるとなかなか沈めないし、海中の透明度も高くないのですが、それでもあの豊かさには私を癒す何かが隠されていると思います。

伊豆の夏が待ち遠しいです。
スポンサーサイト



テーマ:ダイビング
ジャンル:スポーツ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可