FC2ブログ
port de brasは奥が深い
レッスン中、鏡に映った自分の姿にガックリ来ます。
足ワークはそこそこどうにか見れるものの(全然開かないですがね)、ポールドブラは全然なってない…。ほんとに難しいです。

特に難しいのはアラスゴンド。
開き過ぎては注意され、肘を曲げ過ぎては注意され、伸ばし過ぎても注意され、挙句の果てに指が開いていると注意される始末。
上手い生徒さんを見習ってやっているつもりでも、全然極意をつかめてないんだろうなと思います

それに、

アンバ → アンナバン → アラスゴンド

の順番で行った場合、肩と肘の落ち着きどころがよく分かりません。

自宅で練習しようと鏡の前に立ってみましたが、鏡の幅が狭すぎて、全然肘先が見えませんでした。
なので、こっそり会社のトイレで練習開始。

複数の洗面台の上が一面鏡張りなので、股下は見えませんが、腰から上はバッチリ一望です。ずっと座りっぱなしの仕事が多いので、ストレッチにもなって一石二鳥! ただ、突然人が入ってくることもあるので、その辺は気配を察知してササッと手を下ろします。

トイレの回数が増えそうです
スポンサーサイト



テーマ:バレエ
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
こんにちは。初めまして。
ポールドブラ、が難しい・・本当に同感です。どうすればいいの?ですよね。
やはり年月をかけて身につけるしかない、のもきっと事実。

頑張ってください!
2008/05/10(Sat) 14:11 | URL | simple-p | 【編集
simple-pさんへ
コメントありがとうございます☆
難しいですね…腕は。
即席では身に付かない部分だからこそ、きれいに決まる上手い方々のきれいさが際立つのかもしれません。
日々精進いたします♪
また遊びに来てくださいね~^^
2008/05/13(Tue) 22:12 | URL | Aletheia | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可