FC2ブログ
Peter Rabbit by K-Ballet
P1010063.jpg

行ってきました~ K-BalletのPeter Rabbit & 放蕩息子。

先日のライモンダはどの場面も華やかでキラキラで、うっとりだったのですが、その余韻も覚めやらぬ中、今度は一気にメルヘンの世界へ連れて行かれてしまいました

放蕩息子40分、Peter Rabbit70分の上演時間だったのですが、どちらもあっという間に過ぎてしまいました。

私が鑑賞した日のプログラムでは、「放蕩息子」の息子役を熊川さんが演じていて、私は(実は)初めて熊川さんがちゃんと踊っているのを見ました。最近怪我のニュースが多かったのでどうかと思っていたのですが、今回は大丈夫だったみたいですね。

そして本命(?)のPeter Rabbitは、とーってもとーってもかわいくて、最近仕事が忙しすぎて疲れきっていた私の心を超全力で揉み解してくれました 

着ぐるみって表情が表せないので、その分もボディのアクションで表さなければならないじゃないですか。そのオーバーアクションが、またかわいくて。

ねずみの話、アヒルの話、ハリネズミの話、ブタの話、リスの話が出てくるのですが、私が特に気に入ったのはブタの話とリスの話。

ブタの話では、ブタの被り物のサイズが結構大きめなので、ペアで踊る時にちょっと大変そうなところが面白かったですね。恋に落ちた2匹のブタがロマンチックな踊りを踊るのですが、頭がぶつかって被っているものが取れるんじゃないかと心配になりました。また、ブタさんは男性もポワントで踊っていて、思わずオペラグラスで足元をチェックしてしまいました。

リスの話は、りすのちょこちょこ感がよく表されていて、リス好きの心をぐぐっとわしづかみにされてしまいました。着ぐるみのふわふわ感もよくできていて、か~わい~っていう言葉が無意識に漏れてしまう感じでした

やはり作品的にと思われますが、子供さんを連れたお客さんが多く、私も子供の頃にこんな作品見れてたら幸せだったろうな~、とうらやましく思ったり。

今回はあまりの大満足っぷりに、普段は買わない(ことにしている)プログラムのお買い上げ。
行ってよかった
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可