FC2ブログ
しゃくやくの思い出
芍薬

最近花屋の店先に大振りな花をつけた芍薬をよく見る。
懐かしくて思わず買ってしまった。

祖母の家には沢山の芍薬があり、やはりこの時期きれいなピンク色の花を咲かせていた。
子供の頃は両親と共に祖父母と同居しており、この時期小学校に芍薬の切花を持っていくのがうれしかった。みんながきれいだねといって喜んでくれたから。

祖母の所には結構頻繁に遊びに行くのだが、最近は彼女の老いが気になっている。特に物忘れが格段にひどくなっているのと、あとは体力の衰え。食事の量もぐっと減った。

数年前まではそんなこと考えもしなかったけど、最近では祖母とあとどれ位一緒にいられるのか気になってしまう。

去年できたことが、今年はもう出来ない、ということも多い。人間って、子供から大人になってまた子供になって死に至るって言っていた人がいるが、その通りかもしれない。子供の頃は昨日まで出来なかったことが今日には出来るようになったりした。老いた時には、その逆で、昨日まで出来たことが今日には出来なくなる。
スポンサーサイト



テーマ:老い
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可