FC2ブログ
AOW -3-
なんとかさっさと宿題を片付け、だんなにおやすみの電話を入れ、多分22時くらいには就寝できた。

が、翌日。カーテンが遮光じゃなかったのと、外がガヤガヤしていたので5:30位に起きてしまった。何事だろうと外を見ると、ショップの人が開店の準備をしていた。ダイブ屋の朝は早いということがわかった。

早すぎるのでもう一度寝たら、また6:30位にガヤガヤで起きてしまった。今度は器材などを準備始めたようで、『こんなに早くからがんばってくれてるんだ…』と思ったら何ともありがたくなった。が、まだ起きるには早いのでまた寝たのだが、次は7:30にまたもやガヤガヤが。今度は早く着いてしまったお客がワイワイしていたようだ。
3度目の正直。もうそこで起きることにした。

昨晩コンビニで買っておいたサンドイッチを軽く食べて朝食終了。潜る時はメイクの必要がないので、洗顔して、日焼け止め塗って、お支度終了。

2日目1本目のテーマはNaturalist。イントラさんからお魚の見た目と見た場所を覚えておいてね~とアドバイスを受ける。

透明度は悪いながらも沢山の魚がみれた。砂の中にいた小さいあんこう見たいなのを発見したのだが、視界が悪く誰にも知らせることが出来なかった。長居するとみんなを見失うのでそそくさとあんこうもどきをあとにした。

2本目のテーマはBoat。「漁船など水面からの距離が短い船からはバックロールエントリーで」と書いてあった昨日の教科書を思い出し、初めて経験するバックロールに相当憂鬱になっていたのだが、ポイントに着くとイントラさんから「じゃみなさん、ジャイアントストライドでいきますよ~」の声が。助かった☆

ロープにつかまっての潜降。ビーチ近くでのフリー潜降ではてこずる私だが、この時は比較的スムーズに沈むことが出来た。

このボートダイブの時、我々AOW取得グループにおばちゃんが一人加わったのだが、実はこのおばちゃんが曲者だった。透明度が悪かったため、迷子にならないよう先生が、横一列で着いて来るように言った。我々AOW4人とおばちゃんはその言いつけ通り横一列で先生の後に続いたのだが、私は運悪くおばちゃんの左隣になってしまった。

おばちゃんの何が問題かと言うと、思いっきり手を使って水をかくこと。多分脚力が弱ってきていてフィンキックだけだと心配なのかもしれないが、おばちゃんの水かきのせいで私は何度も危ない目に遭わされた。

それはおばちゃんが水をかく際、私のレギュホースに手を引っ掛けるため、何度もレギュをもぎ取られそうになった。その他にも、私のマスクを何度もぬぐおうとしたため、その度に私のマスクに水が入り、余計なマスククリアをするはめになった。

深度をずらしたりしてもなぜか私の右横をキープするおばちゃん。ちょっと怖くなった。

私も時々水かきをしてしまうのだが、すぐ近くに他のダイバーがいる時には絶対しないようにしようと思った。

で、おばちゃんとの地味な戦いも終わり、浮上時間到来。無事2日で5本のテーマダイブを終了した。

片付けしてショップに戻り、書類の記入とログ付け。Naturalistのログには見た魚を書くようにとの指示が。バディに笑われながらも自分ではなかなかの出来と思える絵が完成。

そして、仮カードを頂いて夕方の電車で東京に戻ってきた。
スポンサーサイト



テーマ:ダイビング
ジャンル:スポーツ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可